iPhoneで小さなものでも近距離で焦点を合わせて写真を撮る裏ワザ

makuro

iPhone7でもまだまだ有効な方法です。

iPhoneで写真を撮っているとマクロ撮影の感覚花の蕾のような小さな物を撮りたい時がよくありますよね。近くのものをターゲットに写真を撮ると背景がボケてそれっぽくなるのでよく使うテクニックだと思います。

ただ、手前の花が撮りたいのに何度その花の所を画面タップしてもそこに焦点があってくれない事があります。フォーカスしようと頑張ってはいるもののピンぼけのままって事が。

そんな時に使えるテクニックを紹介します。
まず、iPhoneの基本カメラで撮影することを基準とします。

iPhone基本カメラのフォーカス

基本カメラの場合画面をタップしたところにピントが合います、また同時に明るさもそのポイントに調整されます。なので暗い部分をタップすれば全体が明るく調整され、明るい所をタップすると反対に全体が暗めに調整されます。

このピント合わせをAF「Auto Focus(オートフォーカス)」明るさ調整をAE「Automatic Exposure(自動露出)」と言います。

つまりiPhoneの基本カメラではAF/AEが一緒になっているわけです。

カメラのピント(フォーカス)を固定する

タップするとピントを合わせるのは前述の通りですが、タップしたまま長押しするとピントを固定することができます。もちろん同時に明るさも固定されます。

【実践】ピント固定を応用する

ここまでくれば、感の良い方は分かると思いますが、最短の焦点で固定してカメラを撮りたいものに向ければいいわけです。

この時、注意点としてピントを合わせやすいように面の広いものでピント固定する。
撮りたいものと同じ光量の場所で固定する事が重要です。

手っ取り早いものでは手の甲などがオススメです。ピントが合う最短距離レンズから5cm程度でピントをしっかり合わせて固定しましょう。

固定されると上の画像のように上部に「AE/AFロック」と表示されロック状態になります。もう一度画面をタップすると解除されます。

今では、ロックした後でも画面上を上下に指を滑らせることで、明るさの調整ができるようになっています。
さらにこの焦点ロックが活用しやすくなりました。

ロックが完了したら、撮りたいものを好きな角度で撮りまくりましょう!

高機能カメラアプリ

iPhoneアプリでは高機能カメラアプリが無料、有料問わず公開されています、しかし、このピント問題は同じく発生します。

ただし、AE/AFを別々で調整することが可能なものがあります。つまりピントを合わせる場所と明るさを合わせる場所を自由に選べます。

ピント固定を覚えた上で色々試してみると自分に合ったカメラアプリが見つかるかもしれません。

ProCam 4 – マニュアルカメラ + RAW
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥600
Camera+
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥360

スマホ用レンズを試してみる

スマホにクリップ式などで、レンズを取り付け、レンズを拡張する商品もあります。
マクロレンズの他にも魚眼や広角が一緒に付いてくるセットも多いのでためしに購入してみるものありですね。

スポンサーリンク
大広告
大広告

フォローする

ranklet
スポンサーリンク
大広告
Loading Facebook Comments ...